タウンライフ

タウンライフ注文住宅の間取り計画書

タウンライフで全部別々、2世帯住宅

7年前にハウスメーカーに依頼して、注文住宅を建てました。10年前に結婚して、当時は家賃6万円のアパートに住んでいました。主人の実家は父親を亡くし、母親だけで住んでいたので、いつかは今の実家を壊して母親との2世帯住宅を建てたい、と結婚前から主人に言われていました。このまま毎月家賃を払っていくくらいなら、子どもが生まれるのを機に、家を建てようか、という話になり、家を建てる決意をしました。

 

義母との2世帯住宅という事で、私は不安もありましたが、主人の実家の土地があるので、仕方がありません。義母も含め主人と3人で沢山のモデルハウスを見学に行きました。そこで3人の意見が合ったハウスメーカーに決め、2世帯住宅を建てました。工務店にも魅力を感じましたが、工務店の選び方がわからずハウスメーカーに決めました。

 

2世帯と言っても、家の中につながっている所はなく、玄関も全部別々にしましたので、義母に気を使うこともあまりなく、子どもが生まれてからは、気軽に見てもらえるので、2世帯住宅でも、程よい距離感がありながらも頼ることが出来るので、とても良かったと思います。

 


出典:一戸建て土地探し

 

しかし、家の中の内装はもっとよく考えるべきだったと、今更ながら治したい所がたくさんあります。まず1つ目は、床の色です。うちは全て白を基調にしましたが、床が白いと、汚れがとても目立ちます。現在は娘が2人になり、私も含め家の中に女が3人いるので、髪の毛が沢山抜け落ちて、床に落ちるととても目立ちます。抜け毛を拾って歩く毎日です。もう少し落ち着いた色合いにすればよかったと後悔しています。2つ目はベランダの広さです。そんなにベランダを活用すると思っていなかったので、小さめにしましたが、子どもが2人になると洗濯物も増えるので、全部は干しきれません。仕方なく子ども部屋に干すことになっています。

 

その他コンセントの位置や電気スイッチの位置など不便なところはありますが、広々としていて子ども達も思いきり騒げるし、すぐにおばあちゃんに会えるので、家を建てて良かったと思っています。

ホーム RSS購読